ソシャゲぐらし

ソーシャルゲーム(ブラゲ含む)をプレイするオタク

昔のシンデレラガールズを思い返す

アイドルマスターシンデレラガールズをプレイしてた友人と話をして色々思い出したので振り返ります。こんな時期もあったなとか昔はそんなんだったのかとか思ってもらえれば幸いです。

なおランナーや廃課金ではなかった(その友人は所謂ガチプロに所属してましたが)のでイベント走る難しさとかガチャの美味しさとかの違いは語れません。

 開始時期

まず始めた時期なんですけど、2011年12月25日くらいだったと思います。モバマスのイベント第一弾である星降るクリスマスの終わりがけでした。とりあえず1か月分の遅れを取り返すために本スレで色々調べてた記憶があります。ここで今も続く道場の文化なんかも知りました。一番ランク高い人でCとかだったような。お世話になりました。

トレード

当時はフリトレなんてものは無かったので、トレスレ(2chのトレード用スレッド)もよく使用していました。スタドリはマニーやトレーナーとも取引されてて、トレスレ見だした頃は55000から60000マニー、ベテトレ1枚やトレーナー3枚がスタドリ1本になったと思います(ちょっと時期ズレてたらすみません)。エナドリはフェスも鯖(後述)も開催されていなかった当時スタドリよりも相場が安くて、どちらかと言うと調整に使われるイメージでした。当時のフォーマットに則って書くと、

------------------

出)

1 ○○(アイドル名)

1.5 ○○

3.5 ○○

求)

左のスタドリ、端数はエナドリ

無言直トレお願いします。ID:○○

------------------

 みたいな感じです。トレスレ使ってた人なら幾度となく見た書き込みではないでしょうか。

アイドルだと単色片面中アップの特技を持ったRや、765のRだと美希が高かったと思います。SRは開始直後は手が出なかったのでよく覚えてませんが、恒常の765SRでも3桁の値が付いてました。

…んですけど、12月31日、あの今は亡きコンプガチャ「貴音の花」が始まりました。これがかなり回されたのか、ガチャ排出アイドルのレートが軒並み下がりました。「お姫ちんショック」とか呼ばれてましたね。後にコンプ報酬が双葉杏コンプガチャ「人は人、私は私」が始まり、もっとアイドルのレートが下がったのですが、こっちは「ニートショック」と呼ばれてました。

 イベント

これまた今は亡きアイドルサバイバル(通称:鯖)の第一回の完走報酬だった[艶娘大作戦]桃井あずきの特訓後に惹かれて、貧弱なフロントで生エナ・スタ飲んで頑張って取ったのが思い出深いです。

ですが一番印象に残ってるのはやはりプロダクションマッチフェスティバル(通称:フェス)の第一回でしょうか。

まず開始直後にサーバーが負荷で落ちたんですけど、神撃のバハムート勢(「聖戦」というフェスの元になったような団イベントがある)は「そりゃ聖戦ならサーバー落ちるさ」みたいに落ち着き払ってたのが頼もしくも面白かったです。確か再試合になりました。後はLIVEバトル時のURLで相手の守発揮値が分かったので共有するとか、色んな意味でチーム戦でした。僕は友人が走っていたのでエナを貸していた為、戦力にはなっていませんでしたが。

あと1試合5時間を1日2試合とかやってたんですけど流石に長すぎるという意見が相次いだのか第2回で早々に短くなりました。

 

 

招待の事とかも書こうと思ったのですが、最初の数か月のトレスレやイベントのこと振り返っただけで分量がかさんでしまったのでこの辺で一旦終わりにします。